スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
春の夜の「怪談」
昨日の朝に嫁さんが通院のため実家に帰ったため、昨晩は僕1人でした。
残業を終えて車で帰宅途中。
住んでる社宅が見えるところまで帰ったところ、なんと、我が家に灯りが!

(お、おかしい…。朝、家を出るときは絶対消してるのに…) 
(ん?いや、そもそも今夜は誰もいないはずなのに…。)


ここで思ったのが、
(さては、予定が変わって日帰りになって、ビックリさせようとして内緒で帰ったとか?)

しかし、良く考えると、
もう夜9時近くになのにカーテンも開けっ放し、洗濯物も干したまま。
嫁が帰ってるなら洗濯物は取り込んでるはずやし、カーテンも閉めてるはず。

駐車場に車を停め、車の中から実家の嫁に電話。
僕:「もしかして、もう山口に戻ったりしとる?」
嫁:「は?なに言うとるん?んなわけないやろ。」 

 (やっぱおかしい…)
誰もいないはずの我が家に灯りがついている。それも2部屋。

もしかして! ど!泥棒!?
電話のこっちと向こうで、夫婦であわてふためく。

とりあえず、家に入らないことには真相はわからないんで、
いったん電話を切って4階の我が家まで階段を上ることに。

でも、もし中に泥棒がいて足音に気づいて、逆上した泥棒に襲われたら…
と、怖い想像だけがふくらみ、足がすくんできます。

玄関前まで到着。 鍵は…閉まってる。
(まだ泥棒が中にいるかも…)
ビビりながらも意を決してゆっくり家に入り、

恐る恐る居間の戸を開けると、やはり照明がついてる。
(どっかに隠れてるのか…)
 押し入れをガラッ・・・ いない…。
 寝室・・・ いない…。
 風呂・・・ いない…。
開けるたびに恐怖と安堵のくりかえし。
いきなり包丁で「ブスッ」 とか、そんな死に方はいやだ…。

 コタツの中・・・ いない…。
 洗濯機の中・・・ いない…。(←ホントにやった)

どこにもそれらしい人はいない。
特に部屋が荒らされた様子もない。
結局、電気がついていた理由はわからずじまい。
とりあえず安心しながらもモヤモヤしたまま晩メシを食いました。
なんだったんだろう?


翌日(今日)、電気屋さんに行って聞いてみると、
リモコン式の照明の場合、停電の時なんかは復旧したら点灯状態になってしまうので
考えられるとしたらそれだろうとのこと。
(うちもリモコン式の照明です。)

電力会社や市役所のHPを見ても特に停電のお知らせはなかったけど
とりあえずそういうことなんだろう、とムリヤリ納得。

結局、自分が超ビビリってことが嫁にばれてしまっただけでしたが。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2010/03/20 11:52 】 | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<今さら「龍馬」 | ホーム | グリベック、値下げ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nessan307.blog54.fc2.com/tb.php/91-2b9ae5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。