スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
前進したと思ったら
金曜日は嫁さんの採卵手術の日でした。
地元の病院に通っているので嫁さん1人で帰省しての手術です。

手術は朝から。
11時過ぎに嫁から仕事中にメールがありました。
全身麻酔から無事覚めて、特に体調に問題はないとのこと。
前の病院では麻酔の影響でかなりしんどかったので、一安心。

2通目のメールは午後の主治医からの説明結果でした。

結果は、できていた2個の卵のうち採れたのは1個だけ。
そしてその1個もなぜか染色体異常の卵で、
このまま受精させてものうまくいく見込みはない、という結果でした。

それは同時に「今回の治療はこれで終了」いうことでした。。

すぐ嫁と電話で直接話を聞きました。
嫁さんの声は意外に普通でしたが、つらくないはずはない。
ゆっくり休め、としか言えませんでした。

救いは今回は前の治療のように毎日のように注射を打たなかったので
身体へのダメージが少なかったこと。

また振り出しに戻ってしまいましたが、
次に向けて一緒に頑張ろう。



※…と書きながらも、
 身体的負担のない男の方が「頑張ろう」っていうのは何かおこがましい。
 でも他の言葉が見つからない。
 こういうとき男はなんて言えばいいんだろうと、いつも考えてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2010/02/27 19:00 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<男1人の食生活 | ホーム | 1歩前進>>
コメント

ううう。
それは・・・辛かったですねえ。

(身体的負担のない男の方が「頑張ろう」っていうのは何かおこがましい。
 でも他の言葉が見つからない。
 こういうとき男はなんて言えばいいんだろうと、いつも考えてしまいます)

私だったら、そういう風に考えてくれているという事実が一番うれしい。
素直にそのままの言葉をぜひ。
私は言ってもらえなくて泣いたので(苦笑)

【2010/02/28 07:23】| URL | ぐーたらまま #-[ 編集] |
>ぐーたらままさん
コメントありがとうございます。
こんな時、本当に男の無力さを感じます。
少しでも嫁さんの力になっているならいいのですが。
【2010/02/28 16:23】| URL | ちりー #C9o/TM4.[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nessan307.blog54.fc2.com/tb.php/83-4bc568c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。