スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
通院日(8月)
今日は月に1回の通院日でした。

【血液検査結果】
  白血球数: 5,550 (前回5,620、前々回4,700)
  赤血球数: 414 (前回 414、前々回 353)
  血小板: 12.4 (前回 13.1、前々回 14.7)

  Amp-CML: 11copy (7月採取分)


5月下旬から休薬を開始して、3ヶ月が経過したにもかかわらず、
数値は安定していて、主治医曰く、深い寛解状態を保っているとのことでした。
休薬の影響が少しだったのでひとまず安心しました。

これに関して以前主治医から聞いたことがあります。
それは、

「過去にインターフェロンを使用していて、グリベックに変更したCML患者は、
グリベック単独の患者に比べ寛解レベルが深いことが報告されている。」


という話。
どういうメカニズムでそういうことになるかはわかりませんが…。

もしかしたら自分もその中の1人に含まれているのかもしれません。
昔インターフェロンの自己注射でとても苦労した日々が、少し報われた気分になりました。

このままいい調子を保っていけたらなぁ。


---------
休薬期間もとうとう明日で終わり。

そう、明日は嫁さんの採卵の日です。
嫁さんにはまたしんどい思いをしてもらわないといけないので心配ですが、
これが最後の苦労になってくれれば…。


※明日は僕も精子の採取があります。僕も別の意味で明日頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/20 20:06 】 | CML-通院記録 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<採卵日 | ホーム | 体外受精を控えて(男が思うこと)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nessan307.blog54.fc2.com/tb.php/25-59f413ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。