スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
大型バイク免許への道 【4】
5月9日(日) 教習4日目

昨日から2日連続の予約が取れました
この日も2コマ。

教習所で教習原簿を受け取ると「第一段階・合格」の文字が。
嬉しい反面、あんな程度の技量で次の段階に進むことが不安でもあります。

1時間目
第2段階の最初の課題、「急制動」
40km/hの速度で急ブレーキをかけ、指定の場所でちゃんと止まることが課題。

<教官のアドバイス>
・大型バイクは少しふかせばすぐ加速するので、加速は早めに。
・前ブレーキは一気に握り過ぎない。
 「ギュ~~ゥ」と言いながらやると良い。(最後の""が大事)
・後部(足)ブレーキはほとんど使わない。あくまでも前ブレーキで。
・空走時間を利用すること。
 ブレーキポイントより前でアクセルを戻してエンジンブレーキを利用しても
 40km/h以下には落ちないので速度不足にはならない。


ついつい足ブレーキを使ってしまうので何度も注意される。
また、ブレーキの握り方も弱いとのこと。
急に握らないようにしながらも、ちゃんと効かせることは必要で、
微妙な力加減がなかなか難しい。

2時間目
次の課題は「波状路」
凸凹の道を低速走行でバランスを取って走ることが課題です。
姿勢は中腰で立った状態。規定時間は5秒以上。
確か中免の教習にはなかった教習項目で、
教官いわく「むっちゃ難しいよ」

やってみると、その通りアクセル・クラッチの操作が難しい。
…というか、操作する余裕もなくあっという間に通過してしまう。

<教官のアドバイス>
・中腰姿勢は車体の前部に体重をかけるため。
 そうすればハンドルに重さがかかり、安定しやすい。
 ニーグリップは膝で。
・段差の直前でクラッチをつなぎながらアクセル。
 段差を降りたらクラッチ切る。その連続。
 ただしクラッチはほぼ動かさないこと。半クラ状態ぐらいで。
・でも両側の白線を越えたらアウトなので、とりあえず走りきることを目標に。


何度も走ったけど、結局アクセルワークを意識する余裕はなく渡るだけで精いっぱい。
とりあえず既定の時間では走れたものの、
上手くいったのかどうかもよくわからんままで時間終了。チーン。


なに1つ満足いく結果が出ないので、一気にどっと疲れが。
さらに波状路での長時間の中腰のせいか、帰宅後に腰痛発生…。

来週もガンバロウ…。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2010/05/10 12:25 】 | ツーリング・バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<大型バイク免許への道 【5】 | ホーム | 大型バイク免許への道 【3】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nessan307.blog54.fc2.com/tb.php/109-5b380128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。