スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
大型バイク免許への道 【2】
5月1日(土) 教習2日目

前回の教習で若干自信が無くなっていたけど
この日は頑張って2コマ教習です。

1時間目
8の字の練習。
気をつける点はわかっているけど相変わらず小回りがうまくいかない。

続いては初めてのクランク
両サイドのパイロンに触れないように走らないといけないのに
3回走って、3回とも触れてしまう
「コレ、当たったら検定中止なんですよ(^_^;)」と教官。
わかってるんだけどなぁ…。
曲がることばっかし意識しすぎて小回りしすぎているのが原因らしい。
あとは目線。バイク全般に共通することだけど、先を見ることも気をつけて。
アドバイスされると、スムーズとは言えないまでもなんとかできた感じ。

次は一本橋。10秒以上かけて走ることが条件です。
とりあえずやってみるといきなり脱輪。

<教官のアドバイス>
・ここでも目線は前に。平衡感覚は景色が見えて初めて掴める。
 落ちるのを怖がって下ばかり向くと余計にバランスを崩す。
・一本橋に乗るときは少し勢いをつけて。
 その後はフットブレーキをクラッチを上手に使って。
・体でバランスを取ろうとしてはいけない。体は動かさず、ハンドル操作で。
 倒れそうな方向にハンドルを切ると自然に車体は起きあがってくれる。

 
アドバイスを聴いても、10秒かけて渡れたのは数回のみ。
あとは速すぎたり脱輪したり。う~ん。難しい。

なんと次はいきなりスラローム
並んでるパイロンの間をジグザグにいかに速く走りぬけるかが問われます。
どうしてもスピードをだせず、おっかなびっくりって感じになる。

<教官のアドバイス>
・体に力が入り過ぎ。
・スピードを出すのは入口まで。
・思い切ってバイクを倒してみる。
・ジグザグの中間あたりのパイロンでアクセル。
 (※ただし、加速のためではなくマシンを起こすため)
・やっぱり目線は次のパイロンに!


アドバイスで少しはできるようになったけど、やはり安定しない。
吹かし過ぎたりパイロン引っかけたり。

…というところで1時間目終了。

2時間目
検定コースを覚えるためにコースをぐるぐる教官と走る。
1時間目に練習したクランク・スラローム・一本橋も走るがなかなかうまくいかない。
あと、左折の時に左足をつくクセを指摘される。
それにしても検定コースって複雑だなぁ。
狭い教習所のコースをあっちこっちに曲がるのでサッパリ頭に入らない。

残りの時間でまたスラロームの練習。
最後の最後で「だいぶ良くなった」と言われたけど、
まだまだスピードが足らないのは明らかで、走りも不安定。
要は「最初よりは良い」ってレベル。


う~ん。今日もいいところナシで終わってしまった。

教官いわく、
「『大型バイク』ってイメージで緊張しすぎ。もっと気楽に楽しんでくださいね」

そりゃそうなんだけど、それがなかなか…。
こんなんでホンマに合格するんかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2010/05/01 14:38 】 | ツーリング・バイク | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<男の手料理 ~2010~ | ホーム | サビエル記念聖堂のツツジ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nessan307.blog54.fc2.com/tb.php/105-a6c4f874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。