スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
採卵・その後
採卵の翌々日には、育ち具合によっては受精卵を移植する予定でした。
病院で2つの受精卵の様子を顕微鏡で覗かせてもらいましたが、
1つは2つに分割してましたが、もう1つは形がいびつで移植には使えないとの結果。

つまり使える受精卵は「1個」だけ。貴重な1個です。

その卵で今日移植するか、胚盤胞になるまでもう少し様子を見るかを選ばなくてはならず、
結局、3日間待って胚盤胞移植まで行ったら移植することにしました。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/29 06:15 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
採卵日
8月21日(金)

とうとう嫁さんが採卵をする日です。
麻酔を使用するため、手術後も自分で車の運転をしてはいけないことになってるので、
僕も仕事を休んで嫁さんに付き添いました。

採卵手術は朝8:30から。
病院までは車で1時間半かかるので、自宅を朝6時に出発。
病院に着いた後、8時には嫁さんは産婦人科で名前を呼ばれ診察室に入って行きました。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/21 23:59 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
通院日(8月)
今日は月に1回の通院日でした。

【血液検査結果】
  白血球数: 5,550 (前回5,620、前々回4,700)
  赤血球数: 414 (前回 414、前々回 353)
  血小板: 12.4 (前回 13.1、前々回 14.7)

  Amp-CML: 11copy (7月採取分)


5月下旬から休薬を開始して、3ヶ月が経過したにもかかわらず、
数値は安定していて、主治医曰く、深い寛解状態を保っているとのことでした。
休薬の影響が少しだったのでひとまず安心しました。

これに関して以前主治医から聞いたことがあります。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/20 20:06 】 | CML-通院記録 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
体外受精を控えて(男が思うこと)
今まで体外受精の準備について、自分の精子凍結のことしか書いてきませんでしたが、
本当にたいへんなのは当然ながら女性である嫁さんの方です。

体外受精の一般的な流れとしては、
 ・排卵抑制剤で人工的に排卵を抑制し、
 ・1週間くらい毎日注射を打って卵胞を20mm程度まで育てて、
 ・良質な卵がたくさんできたら排卵誘発剤を注射し、
 ・排卵直前に採卵手術し、
 ・卵と精子を受精させて培養し、
 ・受精卵を子宮に戻す(移植)
と、これだけの治療手順を経なければなりません。(不正確かもしれません)
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/17 23:30 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
精子凍結 3回目
先日3回目の精子凍結に病院に行って来ました。
グリベック休薬期間を考えると、今回が最終の凍結用精子採取になります。
今回もいつもの採取室ですが、気のせいか新しい「雑誌」が増えているような気が(笑)

今回の検査結果:
 精液量  3.0ml
 精子濃度  5,500万/ml
 精子運動率  59%


とりあえず過去2回も含めて問題はなさそうです。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/08/14 20:28 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。