スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2回目のチャレンジ
グリベック休薬可能期間の終了まであと1ヶ月弱。

1回目の体外受精は途中で中止しましたが、
僕の休薬可能期間が残っている間に凍結保存ができる産婦人科がある病院に転院して、
2回目のチャレンジをすることに決めました。

それは、休薬できる期間が残っているうちに精子を何回分か凍結保存できれば、
万一今回がダメでも、その次は休薬しなくても、休薬期間中に採取・凍結した精子を使えばよい、
というメリットがあるからです。

先日、2人でその病院に初めて行ってきました。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/07/29 22:52 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
体外受精・その後
5月中旬からグリベックを休薬し,体外受精に向けて準備してきました。

…といっても本当に大変なのは嫁さんの方でした。
何回も検査をし、
毎日卵を育てるための注射のために何十キロも離れた病院に通い、
毎日点鼻薬をし…
時には薬のせいで体調が悪くなる日もあって、本当にたいへんそうでした。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/07/25 23:38 】 | 我が家の不妊治療 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
【記録】インターフェロンの頃
今CML治療の主流はグリベック内服となっていて、高額の医療費と副作用を別にすると
CML患者が普通の社会生活を送ることは本当に楽になりましたね。
でもグリベックが世に出る前だった15年前の病気発覚以降10年間くらい、骨髄移植をしない場合
治療はインターフェロンα注射による化学療法がメインだったと思います。

僕もインターフェロンを経験しました。期間は10年くらい。
その頃は、本当に生活するうえでさまざまな不便を感じてました。
その元凶は毎晩の自己注射。これは本当にめんどうでした。

僕が使っていたのはシェリング・プラウ社の「イントロンA(1,000万単位)」。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/07/20 15:32 】 | CML | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
当選!
先日仕事から帰宅すると、身覚えない小包が…。
なんとずっと前に応募してた懸賞に当選してた!
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/07/19 11:42 】 | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
微熱はさらに続く…
前のエントリーでも書きましたが、
http://nessan307.blog54.fc2.com/blog-entry-11.html

相変らず微熱は続いています。かれこれもう2週間。
前回の診察の時にはCMLは無関係との診断だったんだけど、
あれから1週間経っても状況は変わりません。

いっとき平熱でも、数時間経ったらだんだん熱っぽくなってきて体じゅうに倦怠感。
ロキソニン(鎮痛解熱剤)を飲んだら少し楽になる…の繰り返し。

薬で熱が下がってる時は動けないことはないので、仕事を休むほどでもないけど、
確実に体力も集中力も低下しているので、仕事にも支障が出てほんとに困ってます。

前回通院時には詳しい検査もしてなくて、原因もわからず不安だったので
一昨日、職場の産業医に相談しました。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/07/18 18:20 】 | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。