スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
マイケル・ジャクソンが…
病気の話題じゃありませんが…

マイケルジャクソンの死去のニュース、
最近全然聴いていないし特にファンってわけじゃなかったけど、やはりショックでした。

中学~高校時代は洋楽派。
マイケル・ジャクソンの曲にも好きなものが結構ありました。
マイケルといえば「スリラー」や「今夜はbeat it」のようなダンスパフォーマンスの印象が強くて
メディアでもそっちがフューチャーされることが多いですが、
僕が一番好きだったのはミディアムテンポのバラード「Man in the Mirror」。

ゴスペルのコーラスとも相まって胸にくるバラードです。
歌詞を全部転載するのは著作権の関係でダメなので、少しだけ引用。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/06/28 13:50 】 | 音楽 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
【記録】 病人だって働かねば!
初期の治療はインターフェロンの自己注射でしたが、
幸いかなり効果が見られ、悪かった数値も安定してきました。

最初は目の前の治療のことだけしか頭の中にありませんでしたが、
そうなると、次には今後の生活への不安が押し寄せてきました。
特に僕の場合、病気になって就職したばかりの会社を退職してしまったので、
このことは本当に切実な問題でした。

 「果たしてこの先1人で稼いで食っていけるか?」
 「そもそも働かせてくれるところなんてあるんやろか?」
 「結婚…は無理やろな…」 

などなど不安は次々湧いてきて、将来への希望はいっさい見いだせませんでした。

なんせ無職で大病持ち(おまけに彼女ナシ。)
この状況を脱するため、まずは少しでも自分で金を稼げるようにならねば…
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/06/24 12:56 】 | CML | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
【記録】 病気がわかった日のこと
1994年、大学卒業後、就職して間もなくの5月。
身体がダルく、体調がすぐれない日が何日か続いていたので、病院を受診しました。
その日の診察では特に変わったところは無い、という診断だったので、
とりあえず血液検査だけしてもらって検査結果に異状があったら連絡をもらう、
ということで診察は終わりました。

特に異状も指摘されなかったので、体調不良も単なる慣れない仕事の疲れのせいなのか…
とか思いながら帰宅した、その日の夕方に病院から電話が。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/06/22 21:25 】 | CML | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
現在の自分
これまでの自分の治療歴を簡単に。

------------------
1994年 病気発覚。2ヶ月間の検査入院
      慢性骨髄性白血病(CML)と診断。
       インターフェロン(1000万単位)の自己注射により治療開始。
       最初の1~2年くらいはハイドレア(抗がん剤)を併用してました。(たぶん)

2004年 グリベック内服に変更。 1日4錠(最初はカプセルでしたが)。
     以後ずっと同じ治療です。

    …現在に至る。
-------------------

…本当に簡単に書いてしまいました(笑)

自分ではこの15年間、泣いたり、落ち込んだり、時には喜び…と、
本当にいろいろあったと思ってるんですが、
こうしてみるとそんなに大したことはしてなかったように感じます(汗)

いや、大変な時は本当に大変だったんですよ(笑)
それについてはこれからちょっとずつ書いていこうかと思います。

そして現在の自分ですが、訳あってグリベックを休薬中です。
それは、社会復帰をした白血病患者が生きていくうえでぶつかる問題、
「子どもが欲しい」からです。

現在進行形のこの目標。
これについても少しずつ記録代わりに残してみたいと思います。
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/06/22 12:47 】 | CML | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ごあいさつ(このブログについて)
はじめまして。
僕は(たぶん)フツーの30代の男です。
ただ1つ普通でないのは僕が慢性骨髄性白血病(CML)患者ってことだけでしょうか。
これまでいろいろありましたが、幸いなことに数年で"完全寛解"に達し、
何の制限もなく普通に働き、普通に生活しています。
自分でも普段は患者であることを忘れているくらいだし。

…最近、この病気になった時から15年も経ってることに気付きました。

そこで、普段あんまり(というか全然)思い出すことさえなくなってきている今までのこと、
ちょっと、自分なりに整理してみようかと思ったのが、このブログを始めた理由です。
続きを読む...(←クリック!)
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2009/06/22 00:00 】 | CML | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。